今年もあと・・・

Img_1096
ことしも残すところあと2日。1年間、ありがとうございました。 
ところで、ここ2,3日のあいだに、おふたかたから質問をいただきました。「ほりたさんのケーキの生クリームは、牛乳のあじがすっごくするんだけど、どうして?」。まえにも、おはなししたことがありますが、ここでそのわけを今1度。 うちの生クリームは九州大牟田市の「オーム乳業さん」の乳脂肪35%の生クリームを中心に、独自にブレンドしています。 じつは、数年前にメーカーの方とのお話で、わかったのですが、どうもひみつは牧草にありそうなんんです。ここの生クリームの特徴は、「ジェラートのような風味」(と個人的におもっているのですが)にあります。
なんと、イタリアと大牟田市は同じような緯度に位置していて、たぶん牧草もおなじようなものではないかと・・・
まあ、とにかくこの生クリームとの出逢いが、いいかげんな私の姿勢をがらっとかえるきっかけになったと今思います。    で、このクリームの風味を最大限にいかせるお菓子 を もっともっと研究するぞ!と、まじめに考えるもきちなのでした。 らいねんも、どうぞよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シナノスイート

Img_0883
 待ちに待ったりんご「シナノスイート」が入荷しました。この時期のりんごは、一般的には「スッパ甘い」りんごが多いんですが、このりんごはすっきりとした甘みと、しゃきっとした歯ごたえをあわせもった、りんごの名品だと私は思います。このりんごができるまでにはそうとうなご苦労があり、なんと18年もかかって開発した銘柄だそうです。
市場に出回り始めてまだ4,5年くらいでしょうか はじめて口にした時の感動はいまも記憶に残っています。りんごを好んで口にすることの少なかったわたしでも、このシナノスイートがとどくのを待ち遠しくおもえる そんなりんごです。 ケーキ作りには、紅玉 が最高との意見が一般的です。私もなんどか使ってはみるものの、「う〜ん、紅玉ってそんなにいいかなあ???」 変わり者のわたしには、ちょっとピンときませんが・・・・。あしたから、シナノスイートをじゃんじゃん使わせていただきます。 あ〜 また、新作もかんがえねば! もきち

Img_0866
Img_0867_1ことし初めて、入荷しました。カリフォルニア という銘柄の、洋なしです。とってもみずみずしくて、すっきりした甘さの上品なくだもの。タルトカリフォルニア という名前でお店にならんでいますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金沢の桃

Img_0630 金沢の桃 入荷しました。 ちょっとわかかったので少し寝かせましたが、そろそろつかおうかなあ。 明日あたりコンポートしてショートケーキに!とかんがえています。 で、もうしばらくすると、金沢の梨も届くのではとおもいます。これもショートケーキに!と なんでもかんでも、ショートケーキの 芸のない職人なのです・・・ま、ほんとうは、みなさんにめしあがって頂きたいので、親しみやすいお菓子でというところが本音です。
    おまけで、賢坂辻からみた、夕方のながめをごらんくださ〜い!伝わるかなあ? 撮影 啓子でした。 もきち
Img_0631

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新のしょうが

Img_0397
 先日、NHKの「きょうの料理」をみてたら、新しょうがのお料理が。 うわ〜おいしそう!で さっそくスーパーでさがして買ってきました。すこーしピンクがかった色がとてもきれいなしょうが。 豆乳と組み合わせて、しぶーすとにしたててみましたよ。19日あたりからの登場です、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江別製粉の小麦粉

 またまた、うれし〜食材がとどきましたあ。 こだわりのパン職人のあいだでは、非常に評価がたかい江別製粉の
小麦粉がとどきました。 友人のパン職人「寺町大丸堂」の山下さんから聞いてはいたんですが、やっと試してみることができましたんですよ。今回、使ってみたのが「ほくしん」という銘柄の全粒粉。 シューの皮にいれて焼いてみたんですが、むむむー香りと食感がとってもええぞええぞ。小麦ひとつでこんなにちがうんか!!!びっくりです。
だまされたと思って一回、お召し上がりのほど。 もきち


   Img_0247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進化する食材

 最近、進化したなーと思う食材がチョコレート。 国内のメーカーさんの開発努力はすごいです。 
とくに、印象的なのはホワイトチョコレート。 ちょっと前までは、ホワイトチョコレートといえば「なんだか、脱脂粉乳
臭いなー 」 と・・・。けっこう、国内外問わず、いろいろ試したのですが「うーん、脱脂粉乳っぽい・・・」
ところが、不二製油さんというメーカーが開発した製品はいやな臭みがなく、おいすぅい〜!
ちがいを聞いてみたところ、この会社は、もともと大豆を加工する会社で、なんと、大豆油からつくった
「ホワイトチョコ!!!」 製品表示はホワイトチョコとは表示できないんだそうですが、いや〜おいし〜ホワイトチョコ
ですー。   おかげで、いろんな風味のクリームをつくることができて、たのしいです。もう、キャラメルクリームなんて、最高! つくりながら、ついつい試食。 その他のチョコもかなりおいしくなってきて、ある意味日本に合った風味に続々、進化してきているように思います。ヨーロッパの方がまだまだ素晴らしい、といったものもあると思いますが、国内産も いけるぞ!!といえるものも、かなり増えてきていると感じます。
フードマイレージという観点から、なるべく国内産を使うぞ。と 意気込む今日この頃でございます。 もきち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りの

今日は、お気に入りの食材のお話を、ちょこっと。

私が使っている食材のなかでも、もっともお気に入りのひとつに
福岡県 大牟田市の「オ–ム乳業」さんの乳脂肪35%の生クリームが
あります。

この生クリームと出会ったのは、もうかなり前(何年前だったか、覚えがないので
。。。。)。
紹介して頂いたときは、おどろき!!
なんせすっきーりした味の牛乳を、そのま〜んま生クリームに仕立てたような味。
いろんな生クリームを試してきましたが、こんな味 はじめて!

そのときは、この風味の違いの訳をそんなに追求もせず、
使っていたのですが、1年ほど前にようやくその理由が判明。
メーカーの方が教えてくれたんですが、地理的な要素によるもの
だったんです。

国内の生クリームは殆どが、北海道産の原乳を使っていますが、
このメーカーは九州産の原乳(あたりまえっちゅえばあたりまえなんですが)
を使っています。
ふむふむ それで???
なんと 北海道の緯度はフランスに近く、九州の緯度はイタリアに近い。
で、牧草がそれぞれにちがうんだそうです。

それを聞いて、かなり「納得!!!」 オームさんの生クリームは
イタリアンジェラートのような風味に感じられるんです。
(もしかしたら、私だけそう感じるのかも)

結構説得力のある、説明に大喜びでした。

牧草の種類で生クリームの味まで変わっちゃうなんて
な〜んか すごくないですか。
というわけで、九州の放牧場に思いをはせながら
今日も、ケーキの試食だ!

では、今日はこのへんで!

| | トラックバック (0)