携帯からの投稿です

いちごの季節も あと少し。3段のいちごのケーキが最近好評ですよ。
写真が添えられないので残念!(方法がまだわかりませ~ん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛〜いマカロン?

Img_3428
へんな?・・・危険な・・・マカロンたちです。一味、からし、わさび、胡椒、柚子胡椒、う〜ん デンジャラ〜スな味です。残り わずかです、勇気のある方!はどうぞ。

Img_3424
りんごパイをタルトにお色直し!です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛〜い マカロン

Img_3341
写真はマカロンの載ったいちごのタルト。しかし、変人 もきち は妙なマカロンを連発。
一味、洋からし、わさび、ゆず胡椒、そう みんな から〜いものばかり。胡椒も入って5個入りで販売中。
バレンタイン期間だけの販売ですが、からいもの好きな方以外の方はデンジャラ〜スなので、ご遠慮くださいね。スタッフは皆 おもしろがって食べていますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ 少し「痛っ」

腰の痛みは、少しやわらいだ気がしたのでImg_3408
せっせとチョコの仕込みを!
しかしちょっとたかをくくっていました、夕方になると「ちょっと痛い感じ」 きょうも もう切り上げてやすみますわ。
皆様 無理は禁物!では、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アレルギー対応ケーキ

Img_3110
ここしばらく、ご注文のなかったアレルギー対応(卵、小麦粉)のケーキでしたが、昨日、今日と二日続けてご注文をいただきました。
写真は、そのベースになるスポンジケーキです。
Img_3111
これが、その主原料の乳性蛋白 という原材料です。この乳性蛋白とグラニュー糖などをホイップして、米粉を入れて焼き上げます。ただ、非常に困ったことに、この原材料 冷凍保存がきかないため、開封後はさっさと使ってしまわなくてはならず、廃棄処分というケースも・・・。 というむずかしい状況もあって、生産の中止もそろそろ考えなくては、と思ったりしていたのですが、二日続けてご注文を頂き、アレルギーでお困りのご家族のお話をうかがいました。うーん、やっぱり もう少しがんばってみようかなあ。 
風味の方は、一般的なスポンジからは劣るのですが、それでもたいへんよろこんでいただきます。

最近は、アレルギーの症状がなくても 念のため卵はさけて・・・といったお客様もいらっしゃいますが・・・・
本当に症状がでてケーキが食べられないお子様のために、しばらくショートケーキでお店にだしてみようと思います。もしご入用でしたら、念のためお電話で在庫のお問い合わせをお願いします。
というわけで、も ちょっとがんばってみますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんなクリームにしようかなあ?

Img_3109
 試作はつづくど〜こまでも! というわけで、またまた、新作お菓子の検討中。写真は、クリームの試作 じみ〜な
作業でしょ。で ちかじか ショーケースに登場する訳です。 さあて なんでしょ〜、おたのしみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ほどのトマトが・・・

Img_1635
       じつは、トマトのマカロンを作っちゃいました。
表面には、バジルをぱらぱらと。「夏のマカロン」シリーズ。
そのほか、「ミント」 「レモン」 「キャラメル・サレ」 の計、4種類ですよ。
Img_1630
 これは、さわやかなミントのクリームをしぼったところでーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマトのコンフィチュールを・・・

   トマトのコンフィーをつくってみました。うっかり皮もむかずに作ってしまい 
あとであわてて、おはしで皮を取り除く始末。とほほ・・・。
ちょっと、甘みが強いですが、香りはよいです。
チャレンジしてみようと思われる方は、「皮は湯むきしてから、ひにかけましょ〜ね」Img_1627
 ところで、なににつかうんでしょーね・・・・むふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場体験

Img_0948
先日、うちのお店にわか〜い職人さんが???やってきました。・・・・わざわざ、福井県から職場体験 ということで
うちを選んできてくれた、中学2年生の女の子&男の子 の4人です。福井市の「あご中学の2年生」だそうで、クッキー作りのお手伝いをしてもらいました。しばし楽しいひとときでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗の渋皮煮

Img_0726
あちこちのケーキ屋さんでも栗のケーキがならんでいると思いますが、今日は加工の舞台裏をちらっと。 今年は、熊本のくりをつかっています。まずは、熱湯にひたしたくりの皮むき。 これがくせもの。ひとつひとつ手作業で皮をむくのですが、つめのあいだにささったりしていたいのなんの。あと、ゆびの関節の弱いところがずんずん痛み出して・・・。で、なんだかんだ皮をむいたあとは、ゆでたり洗ったりしながらのあくぬき。これも3時間くらいかかります。Img_0730
しかーし、やっぱり手間暇かかりますが、生の栗からつくるとこれがおいし〜いんですよ。 で、こんなケーキができるわけです。 Img_0783

| | コメント (2) | トラックバック (0)